「【1万円以下】結婚式お呼ばれパーティードレス」の記事一覧

結婚式・二次会で自分で簡単にできる ミディアムヘアハーフアップ編

全てを後ろから逆サイドに這わせてピンで固定します。固定した場所に華やかなヘアアクセを付ければ結婚式や二次会にピッタリの手の込んだヘアスタイルの感性です。三つ編みにすると硬いイメージになりますが、ねじるだけなので適度に崩れて抜け感が出せます。自分でやるには最適なアレンジです。「友人や会社の同僚の結婚式や二次会には張り切って参加したい!」そう思う人はきっと多いはず。ここでは特に多い“ミディアムヘアのハーフアップ”を取り上げてみます。

結婚式・二次会でおしゃれなドレスに合わせたい アクセサリーまとめ

結婚式ではパールのような光が少ないアクサセリーが良く、胸元や顔色を明るくしてくれる効果もあります。華やかに装いたい結婚式には、特にオススメのアクサセリーとなっています。ネックレスがパールということで、ピアスやヘアアクセサリーなどをパール系で統一させるのもコーディネートとしてはまとまりがあり、品があるようにも見えます。結婚式の披露宴にお呼ばれした際には、ドレスや小物の他にも注意をしなければならないことがあります。アクサセリーはどんな物でも良いという訳ではなく、ある程度のマナーに従って選ばなければなりません。アクセサリーを選ぶ時のポイントやマナーについてまとめてみました。

今年の秋冬のトレンドファッションはもう押さえましたか?

秋冬こそ女子力をアップさせるチャンス!今年のトレンドカラーやキーワードをご紹介していきますね。ズバリ、今年はキャメル、カーキといった中間色がトレンドなんですね。トップスはスエード素材のフリンジの効いたベストやVネックが大人っぽいニット。去年に引き続き、暖かそうなロングのカーディガン。ルーズに着る大きめなシルエットのルーズニット。これだけでも、細めのジーンズやダメージジーンズを合わせればトレンド感満載ですね。

結婚式お呼ばれドレスとおしゃれに合わせるパーティバッグ選び

結婚式に招かれるとどんな服装にしようか?靴はどれがいいか?など色々考える事が出てきます。そこにプラスして手に持つ「バッグ」も決して忘れてはいけない重要なファッションアイテムです。自分のスタイルに合ったバッグをチョイスすれば人の目にもきっと“おしゃれ”に映るはずです。それでも「パーティバッグ1つでは荷物が入りきらない!」と言う人は“サブバッグ“を持てば大丈夫です。

結婚式サブバッグの選び方とマナーまとめ

多くの人が集まる結婚式、そして結婚式はお祝いの席で華やかな場所です。マナーを心得ているのは当然の事で、身に付ける物1つにしても女性としての気配りが大事になってきます。当日に慌てる事の無いように、事前に調べて万全の準備で結婚式に出席できるようにしておきましょう。結婚式で意外と多く目にするのが「紙袋」をサブバッグとして使っている人達です。ブランドの紙バッグであれば問題ないと思っている人が多いようですが、結婚式に紙バッグはマナー違反となりますのでサブバッグを選ぶ際には除外しましょう。サブバッグにも結婚式特有のマナーが存在するのでそれらをしっかりと頭に入れておく事が必要です。では、そのマナーをご紹介しましょう。

結婚式の服装のマナーとコーディネートまとめ

結婚式となると何を着ていけばいいのか迷うこともあると思います。ですが、招待されたあなたがどんな立場で招待されたか、知人や友人、会社の同僚などのばあいでも準礼装になりますので、招待状に服装については何の指定もない場合でもマナーはきちんと守りましょう。

春らしい結婚式お呼ばれワンピースドレスのコーディネート

春の結婚式にお呼ばれした時は迷わず“ワンピースドレス”で出席しましょう!柔らかな素材、優しい色合いのワンピースドレスは着るだけで自分を含め周りの雰囲気までも大きく包み込んでくれます。春は「ワンピースドレスが似合う季節」と言っても過言ではありません。ではどのような物が選ばれているのでしょうか。色々あり過ぎて迷っちゃう~と言う人には必見です!

結婚式や二次会で自分らしい丈感パーティードレス選び方【丈感ドレスコーデ】

結婚式や二次会へ着ていくパーティードレス。めったに着る機会もないし、どうせなら華やかだけど自分らしいドレスを着たいですよね。意外と大事なドレス丈のマナーや選び方についてお教えします。20代の人は若々しい華やかさを存分に出しましょう。大人の上品さや色気が会場をぐっと落ちつけてくれます。薄いシフォン系の生地がレイヤードされているものなどを選ぶと、 長い丈が上品に見えます。

結婚式の服装を安くおさえたいならレンタルドレスがおすすめ♪

ドレスにバッグ、靴にヘアセット代etc…寒い時期になるとこれにまだコートなどの防寒具まで見なくてはいけません。では一体どこで費用をおさえるべきか?一番大きなものと言えばやはりドレスではないでしょうか。結婚式が続いたりすると同じドレスを着て出席するのは気が引けるものです。「レンタルドレス=誰かが着た物」と言う事です。商品として貸し出しをしているのですから、クリーニングやお手入れはしっかりとされています。しかし、潔癖な人や人の使った物に抵抗のある人には向いていません。

ページの先頭へ